仙台市の新築住宅 仙台市の新築ま分譲マンション 仙台市の中古住宅 仙台市の中古マンション 仙台市の売り土地

仙台市不動産情報

トップページ
不動産購入よくある質問
不動産賃貸よくある質問
不動産物件の無料掲載
会社概要
個人情報の取扱

仙台市の不動産売物件

新築分譲マンション
新築建売住宅
中古分譲マンション
中古分譲住宅
売り土地
収益物件
1千万円以下物件特集

仙台市の賃貸物件

賃貸マンション・アパート
事務所・店舗
家具つきマンスリー

不動産ブログ

不動産屋専務のブログ
地球の一部売ってます
不動産Q&A
仙台不動産新聞
不動産を買う前に
仙台不動産ニュース

新築購入をおトクに購入

仲介手数料ゼロ+プレゼント
新築購入おトク情報クラブ


不動産売却のご相談

仙台市不動産売却相談

全国不動産サイト相互リンク

全国不動産サイト相互リンク

全国不動産サイト相互リンク


サイト内注目物件

若林区東八番丁に堂々完成
敷地1500坪建物97坪
セザール富沢980万円
家具付中古マンション280万円
一千万円以下の不動産物件



仙台不動産売却



相互リンク
不動産リンク
新築建売住宅展示場
不動産物件情報
不動産のプロ
不動産情報
仙台 観光
仙台不動産
不動産売却
仙台不動産
仲介手数料ゼロ
建売情報
不動産
Student House Sendai
仙台アパマン情報
Apartment in Sendai
ApartmentSendai
仙台マンスリーマンション
Furnished Apartment in Sendai
 

不動産購入のよくある質問

不動産購入に関するよくある質問です。.

気になる物件を見つけたのですが?

気になる物件が見つかったら、まず物件案内を申し込みましょう。不動産会社の担当者にアポイントを取り、物件内部を見せてもらいます。その際に、物件に関すること、近隣に関することなどをよく聞いておきましょう。

購入の意思が決まったら?

購入の意思が決まったら、案内をしてもらった不動産会社を通じて【購入申し込み】を文書で行います。(購入申し込みは買付証明など様々な名称で呼ばれることがあります。
人気のある物件の場合は、【購入申し込み書】が先に入った順での交渉となりますので、注意が必要です。

値引きの相談は?

案内してもらった不動産会社を通じて値引きの交渉をしてもらうこともできます。
【購入申し込み】の時点で希望価格を入れて売主の判断を仰ぐ方法もあります。
売主の感情を損ねないように不動産会社の担当者とよく相談して交渉することが大切です。

契約が決まったら?

いよいよ売買契約です。
住宅ローンの申し込みは売買契約が終了してから行います。住宅ローンの適用が受けられるかどうか不安でも下記にあげる【ローン条項】という条件を付けることが可能ですのでご安心ください。

ローン条項?

売買契約をむすんだものの、いくつかの金融機関に相談してもどうしても住宅ローンの適用を受けることができない場合は、契約自体を白紙撤回することができる条項を一般的に【ローン条項】と呼んでいます。

不動産売買契約?

不動産の売買契約にあたっては、不動産売買契約書と重要事項説明書という書類が作成されます。
重要事項説明書では物件に関する説明が細かく説明されます。双方重要な書類ですのでよく理解するようにしましょう。

不動産登記?

契約が成立し、ローンの実行も行われるようになった時に残金の決済を行います。
残金を支払ってその不動産に関する書類一式の引き渡しを受けます。その際、司法書士に依頼し登記をしてもらいすべての手続きが終了です。

司法書士?

上記にあるように、不動産の代金を支払って権利を移転するときに法務局に出向き登記する手続きを代行するのが司法書士です。
不動産業者が紹介する場合、住宅ローンの金融機関が紹介する場合などがありますが、どちらでもよいでしょう。

抵当権登記?

住宅ローンなどの融資を受ける場合は、該当する不動産には金融機関の抵当権が登記されます。
将来住宅ローンを完済(すべて支払う)した時にこの抵当権は抹消されます。
また、住宅ローン支払い期間中に売却する場合は、住宅ローンの残債(残りの金額)を一挙に支払ってから売却することになります。

 

住宅ローンのよくある質問

住宅ローンのご利用に関するよくある質問です。

住宅ローン申し込みの基準は?

住宅ローンの申し込み基準は金融機関ごとに違います。一例としてフラット35の申し込み基準をご紹介します。
・申込時の年齢が70歳未満であること
・安定した収入があること
・日本国籍があること。または永住許可を受けていること。
・年収に対してすべての借入の返済額が以下の割合
 年収400万円未満 30%以下
 年収400万円以上 35%未満
(この基準はフラット35での例ですが、各金融機関によって判断基準は異なります)

転職して1年目ですが、住宅ローンは使えますか?

住宅ローンの申し込み基準として、勤続年数2年、あるいは3年としている金融機関もありますが、必ずしもそうでなくても検討してもらえる場合もあります。
また、同一職種での転職の場合は、全職の勤続年数も併せて検討の対象となる場合もあります。
詳しくは、当社担当者にご相談ください。

車のローンの支払い中ですが?

車のローン、やノンバンクからの借り入れがある場合は住宅ローンの審査時に事前に申告しておきましょう。
収入に対しての現在の借り入れ金額が多い場合、住宅ローンの借り入れ金額に影響する場合もありますが、その他の借入を隠しておくと、審査の際にマイナス要因となる場合があります。

諸費用ローン?

各金融機関では独自の住宅ローンを発売していますがその中には様々なものがあります。

・自己資金なしでもOKなローン
・諸費用まで借りられるローン
・購入後のリフォーム費用まで借りjられるローン
・支払い中のマイカーローンまで含められるローン

詳しくは当社の担当者までお気軽にお問い合わせください。

住宅ローンの金利は?

住宅ローンの金利は各金融機関によって若干の差があります。また、毎月金利の見直しがあり、申込の月をまたぐと金利が変わる場合もありますので、ご注意ください。

変動金利?

住宅ローンには、金利固定型、と変動金利型があります。変動金利型は、当面の金利は低いのですが、将来金利の上昇に合わせて支払金額が大きくなる場合もあります。
また、金利固定型でも、3年固定、5年固定、から35年固定などの長期固定まであります。
詳しくは当社担当者までお気軽にご相談ください。

住宅ローンの保証人?

住宅ローンでは保証協会などの第三者の保証期間を利用しますので基本的に保証人は必要ありません。
詳しくは当社担当者までお気軽にご相談ください。

収入合算は?

利用したい住宅ローンの借り入れ金額に対してご収入が足りないと判断された場合には、同居する家族の収入を合算して申し込むことができる場合があります。
詳しくは当社担当者までお気軽にご相談ください。

      

住宅ローンの選び方

給与振込のある金融機関などにご相談する方が一番多いようですが、必ずしもそこでなければいけないわけではありません。< /br /> 住宅ローンの内容は実は金融機関によって差があります。ただし、実際に審査をして見積もりを貰ってみないと比べられない費用などもあるため、一概には比較しにくくなっています。また、保証料や金利は申し込む本人の収入や、勤続年数、金融機関の判断する信用度合によっても変わってきます。
もし、時間が許せば、複数の金融機関に審査を申し込んでみて、諸費用などの見比べをしてみましょう。。
また、火災保険も金融機関で見積もってきますが、これも、自分で付き合いのある火災保険会社との保険料と見比べてみましょう。
こうすることによって、結構大きな金額がセーブできることもあります。
当社で不動産をご購入のお客様には無料で有利な住宅ローンのアドバイスをいたしております。